凛として

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 心配事 | main | 卒業 >>

ご心配おかけしました

 今朝、PTの先生に電話で相談したところ、ほんとに骨に異常が出ていたらもっと痛がるし、歩けないはずだから、

歩いている・・・ということは、たぶん大丈夫。

でもいつまでも良くならないなら、側わんをみてもらっている整形の先生に電話すれば、もしかして緊急で見てもらえるかも・・・と言われました。



それを聞いてちょっと安心。



そうだよね。ほんとにひどかったら全然歩けないよね。。。



そんな気持ちで、下校時の次女を見てみると、少し元気な歩き方に戻ってきていました。


学校には今朝電話をして、あんまりたくさん歩かせないようにお願いしたので、

そんな調子で、しばらく安静に過ごしていれば、きっと大丈夫・・・かな。




木曜日の卒業式では、名前を呼ばれて返事をして、1人で校長先生の前まで歩いていって、卒業証書を受け取る予定なんです。


せっかく一生懸命練習してきたのに、ここまできて歩けなくなるなんて〜



・・・そんな理由もあって、余計に心配になってしまったわけですが、



それとは別に、もうひとつ理由があって、



実はその卒業式で、次女に袴を着させる予定なんです。





前にチラッと書いたのですが、


卒業式用のレンタルの袴は、大学生用なのでどれもサイズが大きくって、次女には長すぎるので、


仕方ない。。。今回は諦めよう。。。




と思ったのですが、




諦めの悪い私は、実はまだコソコソと探しておりました。


そしてネットで見つけたんです。





7才用袴セット



7才用って。。。 次女はもうすぐ12歳なんですけどね。


でもサイズを測ったら、びみょーに合いそうなんですよ、これが。




しかもお値段も、ちょーお買い得!


大きな声では言えないけど、





レンタルより安い!

 

とまあ、こういう訳で、サイズはびみょーだけど、これは実際に本物を着せてみないとわからない。




というわけで、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、

購入ボタンを押してしまいました。




そして実際に届いたものを広げてみると・・・




袖があと1〜2センチ長くてもいいね・・・って感じですけど、


大丈夫。着れるじゃん!


ぴったりよ!ぴったり!





というわけで、スーツより安いレンタルより安い、袴を買ってしまいました。




だからね、歩けなくなるのは困るんですよ。



七五三のときは、あんまり上手に歩けないから着物が着れなくて、ワンピースだった次女。


ようやく今なら、着れる!





そう思って、清水の舞台から飛び降りたのに、(笑)



歩けなくなる・・・って。。。



想定外。



だからね。なおさら治って欲しいんです。





ところで、着付けはどうするのか・・・?




もちろん私が





出来るわけありません。



そこで登場するのが、





私の妹。



お勉強はあんまり出来ない妹ですが、

着付けは出来るんです。


先日、袴が届いてから、実家で一度着せてみて、すでにサイズ確認と練習済み。



卒業式当日は、朝8時30分のスクールバスに次女を乗せるので、


それまでに着付けをしないといけないわけで、



とりあえず妹には前日から泊まり込んでもらいます。



しかも、妹が来るということは、







もれなく





2歳の姪っ子もついてくる



という訳で、


可愛い盛りの姪っ子が泊まりに来るというのは、おばちゃんにとっては楽しみで1週間前からもうウキウキなんです。


とりあえず、明日はお掃除、買い物、かりんのシャンプー・・・などなど、頑張らなくっちゃ。




そして次女も、早くいつもどおりに戻りますように。。。


- | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

自分も5、6歳くらいのときに
保育所でイスからひっくり返って
肩の骨が外れたことがあったけれど
もの凄い号泣しましたよ。
痛みとかは記憶に無いけれど、もの凄く泣いていた記憶がある。

パキッといってもニヤニヤしてるんなら
きっと次女ちゃんは大丈夫、かどうかは本人にしか分からないけれど(笑)
せっかくの晴れの舞台なのだから、うまくいってほしいですね。
でね、卒業式はね、式の最中よりもね、終わって解散した後のほうが
ジンとくるものがあるんですね。
僕だけですかね・・・。
蛙 | 2009/03/19 4:51 AM
よかったね〜ちょっと安心しました。
そうですか、素敵、袴!!ぜひ、ぜひ、見せてもらいたいな。
お互い、いよいよ卒業ですね
いい式になること お互い祈りましょうね
tamayuki | 2009/03/19 8:12 AM
*蛙さんへ
そうかぁ〜。昔の思い出・・・
脱臼っていうのは、相当痛いんだね。
ということは、泣かないし、歩けるってことは、次女はやっぱり軽症で済んだんだよね。
私も4、5歳のころ、広場で後ろ歩きしていて、ドブに落ちて、すごく泣いたのを思い出しました。*^^*
たいした怪我はしてないけど、すごく泣いたよ。
あれ?ちょっと違う・・・?

なるほどね。。。式が終ったあとの、余韻にジンと来るのかしら。
私は・・・どちらとも言えないなぁ。。。
でももしかしたら蛙さんは、桜は散ったあとの方が美しいと感じるタイプなのでは?
mizutama | 2009/03/19 10:34 PM
*tamayukiさんへ
ご心配、ありがとう。
おかげさまで、本日無事に、卒業式を終えられました。

また報告しますね。
たまゆきさんも、素敵な卒業式になりますように。。。
mizutama | 2009/03/19 10:35 PM
ご卒業、おめでとうございます。
娘さんの晴れ姿。しかも袴!
mizutamaも感慨深いものがあるでしょうね。
piano | 2009/03/20 9:08 AM
*pianoさんへ
ありがとうございます!
そう、次女に卒業式で袴を着せるのは、長年の私の夢だったので、
すごく嬉しかったです。
温かい先生方に囲まれて、
素敵な小学生時代を送れたことに、感謝です。
mizutama | 2009/03/22 10:59 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rintosite.jugem.jp/trackback/22
この記事に対するトラックバック