凛として

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 春一番 | main | ちょっとブレイク。。。 >>

棘の道

 さて、本日も長女は朝から部活に出かけました。

今ちょうど、韓国からの留学生が来ていて、その歓迎会でチア部も公演をやって欲しいと言われたらしく、

明日は朝練もあるとか。
しかも髪をポニーテールにして家を出なくてはならない。


また早起きしなくては。。。


しかも長女はクラスの中で、留学生のお世話係というのも引き受けたらしく、


自分のことで手一杯のはずなのに、人の世話なんて出来るのかよ・・・と突っ込みたくなる今日この頃。。。




というのも、世は受験シーズン。

職場にも、受験生を持つ母が何人かいて、それぞれ大変そうです。

先週公立高校の後期試験が終ったところなので、

あとは発表を待つばかりの、ドキドキの人。


もしくは浪人生の息子を持って、ハラハラしている人。


大変だねぇ。。。なんて同情していると、「mizutamaさんだって、あと2年後でしょ。あっという間だよ!」

と言われます。


確かに。。。



っつうか、今からすでに大変なんですけど。。。



というのも、今をさかのぼること去年の10月。


ちょうど私と長女が大ゲンカして、ようやく2週間後にしゃべり始めたころでした。


「今日はお弁当を食べる時間がなかったから。。。」と言って、お弁当を全部残してきたことがありました。


はぁ〜!?どういうこと?


「理系の課題提出が今日の放課後までだったから、それをやってた。」



はぁ〜!?理系!?

あんた理系に進むの!?と聞いたところ、


「まだ決めてないけど、もし理系に進むのなら、課題を毎回提出して試験を受けないと、進めないから。」


そうなんです。

娘の学校は、理系を選択する場合は、1年生の10月から2月までの期間に全部で7回、課題を提出してテストを受けないと、理系クラスには入れません。

1回でも提出しなかったら、そこで理系に進む道は閉ざされてしまうという棘の道。


その課題というのは、いままで数機数Aで習った内容の発展問題ばかり、毎回100問くらいでしょうか。

仕上げると毎回レポート用紙40〜50枚くらいになります。

ホチキスで止まりません。。。



なんでそんなにハードルが高いか?というと、

理系クラスは、高2で数靴泙膿覆鵑任靴泙Δ蕕靴、最悪、3年に進級できない人もいるんだとか。

だから1年からこれくらいの課題やテストについていける学力と根性がないと、難しいらしいんです。




最初は長女のように、文系・理系どちらに進むか決めてないから・・・と言って、説明会に出て、

課題を提出してテストを受けた子もいたのですが、


毎回の課題の量と難度、それに普段の定期テストや校内テスト・模擬試験ももちろんあるので、


あまりの忙しさに脱落していく子がたくさん居ました。


長女の部活内でも、最初は5〜6人いた理系希望者が、

1人抜け、2人抜け・・・


とうとう長女を入れて2人しかいなくなってしまいました。


クラスの中でも、理系に進みたい・・・と言っていたお友達もいたけど、

理系に進むと大学で遊べないから・・・とか、


こんなに課題やってられない!・・・と言ってやめてしまい、

結局、女子は長女1人しかいなくなってしまいました。




この高校は公立高校の滑り止めで入った子とか、中学のお受験をして入った子とかもたくさんいて、

そういう子に比べたら、長女はギリギリで入ったので決して楽ではないわけで、


それなのに、理系クラス希望者はほとんどが現在特進クラスの子だとか。。。



ついていけね〜だろ〜が!



案の定、課題テストの度に、先生から呼び出しを受け、

「お前、この成績じゃ来年ついていけないから、諦めろ。」 と言われているらしい。


一度や二度じゃないです。毎回、毎回、呼び出されてます。たぶん。。。



部活で毎日ヘトヘトになって8時過ぎに帰ってきて、

ご飯を食べて、10時過ぎには寝てしまい、

翌朝、6時にたたき起こされる生活をしている長女を見て、


どうみてもこの課題は仕上げられないだろう。。。と私も何度も思いました。


来年、ついていけるの?諦めたら?と何度も何度も言いました。



でも長女は 「絶対諦めない!」 と超頑固。


睡眠時間を削って課題をやり、学校の休み時間も机に向かってそれを仕上げ、


毎回、ぎりぎりで提出。


そしてそのたびに、先生に呼び出され、「諦めろ」


それでも本人 「諦めない!」


どうしたものか、めちゃくちゃ頑固になってしまいました。


最初は文系・理系で悩んでいたはずなのに、課題をやっているうちに、だんだん数学が面白くなってきたのか?




中学の途中までは、保母さんになりたいと言っていたし、

高校受験のころには、英語を使った仕事がしたいと言っていたし、留学もしたがっていた。



高校に入ってチア部に入り、部活ざんまいの生活をしているのを見て、

この子は付属の大学に進学するのかな?なんてぼんやり思ってました。


その大学には保母さんになる学科もあるし、CAになる学科もあるし、

相当悪い成績でなければ、大学には推薦で上がれるので、



高校生活を満喫して、推薦で進学して、そこでしっかり手に職を身につけてくれればいいかな・・・と思っていました。




だから理系に進む・・・と聞いたときは、寝耳に水状態で、びっくり。



ちょうどケンカして口をきいていなかった時期に、進路についての話があったので、

結局長女は1人で決め、まったく相談もなかったわけです。


そういう意味では楽な流れに身を任せることなく、自分で考えて進路選択をした長女は、親バカながら感心します。


私は今になって、もっと高校時代、真剣に将来のことを考えて進路を選択すればよかった・・・と後悔しているクチですから。。。




今週、7回目の課題提出とテストがあり、それを乗り越えたら希望通り理系クラスに進級できる長女。


とりあえず分からない所を聞けるように、秋から個別の塾に入り、予備校にも少しだけ通いだしました。

塾ではMARCHクラスの大学生に、課題の分からない問題を聞いたりしているようですが、


「ひねっていて難しいね〜。」 とか

「えー!理系に進むのにフルイにかけられるの?」 とか

「課題大変だね〜。でも1年の時からこれだけやっていたら、力になるよ。」 などなど、

いろいろ励まされたり、情報をもらったりしているようです。



ともあれ、無事にやり遂げられるのか・・・?

それより本当に大変なのは、2年生のときだと思うんですけどね。。。



- | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

お嬢さんの頑固さ、うちには違うところで出てる気が・・・ちょっと羨ましいです。というわが長女も理系志望、、、、数学の点を見るたびに、辞めたら?と言いたくなるけど、前回も再テストだったし。でも、どうしても理系しか考えてませんわ。うちも2年で数圭わってます。先日のセンター試験は同時に同じ試験を受けさせられ、自己採点してました。高校がセンター試験の会場なので、来年受験するにしろ、自分の高校で受けられるだけ、ハンデをもらっている状況、リラックスしてできるということです。うちは、切実に確実にもう受験まで1年を切ってしまいましたから・・・。さてどうなるやらです。お互い、似た感じの娘たちにハラハラしながら、今後ともよろしくです
tamayuki | 2009/02/23 1:26 AM
*tamayukiさんへ
うちの長女も、頑固な面が勉強するパワーになればいいのですが、それでもマイペースというか、切羽詰らないとやらないのんびり体質は変わらないので、結構困ってます。
数靴辰董∧厳倭択の私にとっては未知の世界で、
たまゆきさんの長女さんは賢いから大丈夫だと思うんですけど、
うちの娘は・・・来年ほんとについていけるのか、すごーーく心配です。ーー;
たまゆきさんの長女さんに似たところがあるなんて、おこがましいけど、これからも頑張って見守っていきましょうね。こちらこそどうぞよろしくです。
mizutama | 2009/02/23 5:12 PM
長女さん、頑張ってるじゃないですかー!
周りから「諦めたら?」と言われたら、
「うん、そうだね」と言ってしまう私としては、
根本的にガッツが違うんでしょう・・・。
その頑固さ、分けて欲しいです。
でも、身体の心配や、
高校留年してしまうんじゃないかとハラハラする
mizutamaさんの気持ちもわからないでもないです。
どんな事情であれ、お弁当に全く手をつけられないで返されるっていうのはショックだなぁ。

シエスタ | 2009/02/23 5:32 PM
*シエスタさんへ
私も、この子はこんなに頑固だったっけ?と、びっくりしてます。
でもそういえば高校受験の時にこの学校を選んだときも、
決めるまでは悩んでいたけど、決めてからは意志が揺らぐことはなかったんですよね。
私が落ちるんじゃないかと心配しても、「もう決めたからここを受ける!落ちたら○○女子に行く!」って。
意外と意志が強くて驚かされます。

でも・・・おっしゃるように、私の方がハラハラしてるんですよね。そばで見ているのって、こんなに心配なものなのね・・・って思います。
本人の方が、何とかなるさ!とか言っているんで、
それがまた、この子は考えが甘いんじゃないか・・・と心配になって。。。
ほんと心配しだしたらキリがないです。

残されたお弁当・・・もしかしてダンナの夕飯になったのかも。。。^^;
mizutama | 2009/02/24 4:32 PM
長女ちゃん、えらい!!
部活もがんばって、理系が最後の一人になってもやりとげようとするなんて、将来楽しみですね。
きっと大物になりますよ。

実はわたしも理系でしたが、都立高校のため、理系への試練はまったくなく、誰でも進めました。数靴盥癸海任笋辰討燭掘△なりのんびりでしたね。

理系離れなんて言われていますが、こうやって女子が理系でがんばっているのは、とってもうれしいです。
長女ちゃん、がんばってね!
mika | 2009/02/27 10:00 PM
*mikaさんへ
そんな風に褒めていただけると、素直に嬉しいです。
私の周りには意外と理系の人が多くて、mikaさんも理系だったんですね〜。

私の高校も公立だったのですが、かなり伸び伸びとした校風だったので、浪人続出でした。。。^^;
今思えば、高校生活あれだけ伸び伸び遊んでいたら、浪人するのも仕方なし・・・と思いますが。。。

うちの長女がちゃんと頑張れるのか、私はハラハラしながら見守るしかなさそうです。
mizutama | 2009/03/01 7:46 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rintosite.jugem.jp/trackback/17
この記事に対するトラックバック