凛として

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 次女の話 | main | 棘の道 >>

春一番

先日 春一番が吹いたというのに、今朝はまた冷え込んで、北風がピューピューでした。


先週は職場の同僚の1人がハワイ旅行にいくとかで、仕事の交代出勤もあり、

他にもいろいろあって一気にスケジュールが忙しくなりましたが、


なんとか予定通りにこなすことが出来て、


今日はやっと一息。




そしておやつに大根もちを作りました〜。


大根もち



去年の12月に次女のクラスで授業参観があり、

そのときに、教室の前にある菜園で出来た大根を使って、調理実習をしたんです。

そのとき作ったのが、この大根もち。



そして先日、また大根を収穫して、家にたくさん持ち帰ったので、その大根を使って作りました。


表面はカリカリで、中はトロっとしてモチっとして、すごく美味しいので、おやつにお勧めです。



作り方は、まず大根をおろします。

これが疲れるし一番大変な作業なんですが、頑張ってたくさんすりおろします。


そしてそのおろした大根をボールに入れて、白玉粉を加えて混ぜます。

少し柔らかめで、なんとか小判型にまとまるかな〜?というくらいの硬さになったら軽く油を切ったツナ缶をほぐしていれて、また混ぜます。


そしてフライパンにゴマ油を入れて、生地を小判型にまとめて軽く焦げ目がつくまで焼いて、お醤油を掛けて出来上がり。


ゴマ油の香りと、カリッと香ばしく焼けた香りが、食欲をそそりますよ!





養護学校ではちょっとした野菜を、教室の前にある花壇で作って、収穫したものをよく持って帰ります。


農作業の体験みたいなものですね。


ところで先週の金曜日に、中学部の体験入学がありました。


小学部とは廊下つながりの中学部に移るだけなのに、体験入学をして、なぜかお弁当まで持って、しかも私と三人で校長面接までもあり。


今の校長は今年定年退職で、春には新しい校長が来るというのに、
別に今の校長と面接してもね〜。。。と軽く考えていたのですが、


面接では、なんか引っかかることを言われました。




「どうですか、小学部で6年間過ごして・・・。


お母さんの思い通りになりましたか?」





は?どういうこと??


それって小学1年の頃にいろいろあって、私が上層部に直接クレームをつけたことを言っているのかしら?

そのお陰で、確かにその後はだんだん満足のいく教育を受けられるようになってきたとは思うけど、


思い通りになったか・・・という聞き方は・・・・・


クレーマーだから配慮してきた・・・と言いたい?



ちょっと深い意味が分からず戸惑いました。



それともう1つ、次女は今はだいぶ歩くのが上手になってきたけど、

中学からは、歩ける子どもが通う養護学校に変えることは考えなかったのか?と聞かれて、びっくりしました。


あのね〜。。。

校長がちょっと廊下を歩いている次女を見たら、「あの子は歩けるじゃないか」 と思うかも知れないけど、

次女の歩けるは、普通に歩ける・・・と違って、まだまだ肢体不自由の域を脱していなくて、


例えば、もし、走っている子にぶつかったら、絶対に堪えることが出来ないで転んでしまうし、

1人で床から立ち上がることが出来ないので、必ず先生に手をとってもらうか、

手すりまで這って行って、そこにつかまって立ち上がっているような状況なんです。


直接次女を見ている担任の先生たちは良く分かっているから、そんな無謀なこと提案してこないけど、

やっぱり校長は分かっていないんだなぁ。。。とつくづく思いました。





そしてその日はそのあとPT訓練に行き、更にそのあと、実家に行って母と妹と2歳の姪っ子を車に乗せて、

次女の卒業式に着る服を見に、デパートまで行きました。



実は私にはずっと思い描いていたことがあって、

それは小学校の卒業式で、次女に袴を着せたい!ということなんです。


七五三のお祝いの時は、まだあまり上手に立っていることも出来なかったので、

着物を着せることが出来なかったのですが、


今なら・・・袴なら、着せることが出来るかな?と思ったんです。



それに長女の小学校卒業式のとき、数人の女の子が袴を着ていて、すごく可愛くて、


でも目立つことが嫌いな長女は 「絶対に嫌!」と言って、着てくれなかったんです。

そのこともあって、次女には是非!!!と思っていました。



でもデパートまで行ったのに、残念なことに卒業式用の袴は、一番短いものでも次女には長すぎでした。。。


大学卒業のお姉さんたちが着る袴は、今の次女にはちょっと大きすぎ


う〜ん。。。中学卒業か、高校卒業の時には身長も伸びて、着れるようになるかしら。。。




- | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

うわぁ〜。
大根もち美味しそうですね!
まだお昼ご飯食べていないので、
食欲わいちゃいましたw

いよいよ中学入学なんですね。
いなくなっちゃう校長先生なんか放っておいて、
新しい校長先生に期待したいですね。

袴は憧れますよね。
はいからさんが通るを思い出します。
中学卒業の時には是非、着れる位の大きさになっているといいですね。
シエスタ | 2009/02/18 12:30 PM
*シエスタさんへ
作りたてアッツアツの大根もちは、とても美味しかったですよ。
少し柔らかめに作って、とろっとした食感が気に入ってます♪

そうですねぇ。。。
今の校長にも、最初はかなり期待したんですけどね。
でも懲りずに、次の校長に期待しましょうか。

袴のカタログを見たら、最近のはまた可愛いんですよ。
そうそう、大正ロマンっぽく、丈が短めの袴にブーツを合わせる着方も流行っているみたいです。
まさに、はいからさんが通るですね。懐かしい〜。
mizutama | 2009/02/18 7:56 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rintosite.jugem.jp/trackback/16
この記事に対するトラックバック