凛として

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< プチブーム | main | 次女の話 >>

長女のこと

1月ももう終わり。


去年からずっと落ち着かない日々が続いていましたが、

ようやく・・・一息つけました。



ブログの更新が滞ってから約2ヶ月。。。


この間の私の頭の中身を見てみると、


きっと8割は長女のことで占めていたと思います。



あと1割が次女のことで、残りの1割は仕事のこと・・・ってとこでしょうか。




まずはこの前の日曜日、チアリーディングの東京都大会があり、

おかげさまで長女のチーム、





無事、予選通過いたしました。



演技時間はたったの4分。


でもその4分間のために、何十時間、何百時間・・・という時間を費やしてきたんですよね。


冬休みも毎日練習。

日曜、祝日も関係なく、朝から夕方まで。


お休みは年末年始の1週間のみ。



学校の冬休みが終るとすぐに、地獄の朝練が始まり、


毎朝6時過ぎに家を出ます。


それも毎日毎日・・・


そして帰宅はほとんど10時過ぎ。


部活のあとに、塾や予備校があったから、


次女が寝る前に帰ってきたことは、

たぶん一度もなかったと思います。今年に入ってから。。。



私も毎朝、毎晩、車で駅までの送り迎え。

土曜はもちろん、日曜も・・・。



だって朝も夜も、外は真っ暗ですもん。



朝は4時台に起きて、朝食作りと弁当作り。


昼休みも練習があったから、娘たちは休み時間に早弁するので、学食も使えず、


朝がどんなに早くても、毎日弁当持参。



大変なのは私だけではなく、他のお母さんたちもみんなそう。


だから大会の日、無事予選を通過したときには、思わず、





「ねえ、これでもう、明日の朝練はないよね?」



と、思わず他のお母さんに聞いてしまった私。



せめて1日でいいから、休みが欲しかった。。。




それに演技はすべてチームプレー。

怪我はもちろん、風邪やインフルエンザにも気をつけなくてはならないので、


今学期から部員は全員マスク着用・・・というお達しが来ました。


登校の時から、家に帰るまで、部活と食事の時間以外はすべてマスク装着。



徹底してますね。



まあその甲斐あってか、誰もインフルエンザにかかることもなく、

無事に当日を迎えられました。



しかも2年生が主のAチームは、この東京都大会で見事優勝!




大会5日前の、学校の昼休みに、校内で公開リハーサルが行われたんだけど、


その時、Aチームはミスばかりで、何度も落下していたらしく、


逆に長女たちのBチームの方が、ミスもなく、ほとんど完璧だったのに、




さすが2年生。


その後の数日で調子を上げてきて、


当日はほんとにミスもなく、息も合った素晴らしい演技を魅せてくれました。


その仕上げ具合には感服。


Aチームの意地と、気合の入り方を思い知らされました。

さすがです。





長女たちBチームは、本番途中で1回、落下があり、立ち位置も少しズレがあったのかな。


そこがやっぱり1年生。


練習ではほとんど完璧だったのに、本番で発揮できないのは、

舞台経験の差でしょうか。。。




そして優勝チームの発表の時も、予選通過チームの発表の時も、表彰の時も、


見ているこちらも感動でグッときたけど、



表彰式が終ったあとに、


観客席に来ていた3年生のところに、


全員が駆け寄って涙を流している姿を見たときが、私も一番ジーンときました。




推薦で大学進学が決まっている3年生が、応援で駆けつけてくれたんですね。




ほんといろいろあったけど、


練習はきつくて、泣きながら練習する人も居たり、



長女も大会の1週間前、

なんかションボリ帰って来て、おかしいな・・・と思って聞き出したところ、



上に載せる子を、長女が落として怪我をさせてしまったらしく、


ずっと泣いていました。



でもそういう時、親が何か言っても、慰めにはならないんですよね。


状況も分からないし、どうしたらいいのかも分からない。




結局、心配した仲間から届いたたくさんのメールが、一番効いたみたいです。




長女は中学の時は、テニス部で、

テニスはどちらかというと個人競技の部活だからか、はたまた部員の性格のせいか、


何かあると人を仲間はずれにしたり、派閥を作ったり、そういう子が多くて、


長女はあまり楽しい思い出がなかったみたい。




でもこの学校のチア部に入って、



みんなで力を合わせて目標を成し遂げる楽しさを経験できて、


それはほんとにかけがえの無い宝物みたいなものですよね。


周りのみんなに感謝です。




それに練習は大変だけど、おかげさまで大分体力もついたようで、



体育の授業の持久走も、以前はどちらかというと苦手だったのに、

この頃は好成績をあげられるようになったみたい。



努力すれば、ちゃんと力になるんですよね。




さて。


予選通過の次は3月に、幕張メッセで行われる全国大会。


それが終ると、4月末に新3年生の引退公演があります。



そしていよいよ長女たちも2年生になって、部活も勉強も、ますます大変になっていくのです。。。



- | comments(8) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

予選通過おめでとうございます!!
mizutamaさんの努力も報われましたね^^
それにしてもさすが先輩。
本番に強いというのも実力ですよね。

糞尿を撒き散らす空き巣って、始末悪いですね。
ウチの近所も空き巣の被害があったみたいなんですが、
お犬様たちのお陰で(?)ウチにはまだ入られていません。
それでも注意しないとですね。
mizutamaさんが買った防犯グッズ、
日の目を見ないことを祈ります。
シエスタ | 2009/02/04 10:11 PM
予選通過おめでとうございます!
しかし mizutamaさん凄いです、私のがんばりなんて足元にも及びません。

長女がチアリーディングをしたくて、大学で頭悩ませてます
というより、大学行くのかしら?(笑)

高校でチームの素晴らしさを体験できて、よかったですね

幕張メッセで全力がでますように祈ってます!
がんばれ〜〜〜ファイト!
tamayuki | 2009/02/05 5:18 PM
*シエスタさんへ

ありがとうございます♪
ほんと、これで通過できなかったら、
2月に神奈川県大会にエントリーして、そこから通過を目指すと言われていたので、
そうなったら、きっと今月も練習地獄だったでしょうね。
ホッとしました。

空き巣の被害は意外と多いですよね。
それに、二度入られる家もあるらしいです。
シエちゃんちはさすが、4ワンの迫力ですね(笑)
うちのかりんは、しょっちゅう吠えてばかりなので、
番犬としてどうなの?って思いますけど。
mizutama | 2009/02/05 6:04 PM
*tamayukiさんへ

ありがとうございます〜。^^
なんか積もり積もったストレスを吐き出した感じで、すみません。
たまゆきさんは、私以上に頑張っていると思いますよ。
私も見習いたいけど、まだまだです。

長女ちゃん、チアのある大学・・・っていうと、希望の進路と重ならないかも知れませんね。
今回のエントリーを見てみたら、高校の部活だけじゃなく、チアのチームというのもありました。
小さい子から社会人まで、チアのチームもいろいろあるみたいなので、
希望の大学にチアがなかったら、そういうチームに所属するのも手かも知れません。
・・・って、うちの長女も進路、どうするんだか。。。

応援ありがとうございます♪
mizutama | 2009/02/05 6:19 PM
予選通過、おめでとうございます。

すごいですね〜。それだけ努力しないといけないのですね。
娘さんもがんばったけど、お母さんの応援あってこそだと思います。
これからもたいへんそうですが、きっといい結果がでるのではないでしょうか。
piano | 2009/02/05 10:31 PM
何だかんだで長くブログを覗いているので、お二人のお子様の成長を勝手に垣間見ていることになるんですよね。次女さんとの毎日の風景(勝手にバスポイントのある道路が思い浮かぶんですけど)とか、長女さんとの熾烈なバトル(何でこんなイメージなのか自分にも分かりませんが)とか、勝手に頭の中で形づくられています。
毎日忙しくて大変でしょうが、体調はくずさぬようにしてくださいね。
蛙 | 2009/02/06 2:09 AM
*pianoさんへ
ありがとうございます。^^
ほんと半端な練習量ではないので、体力はつきそうです。

一緒に苦労したせいか、やっぱり応援は熱が入りましたね。
私も一緒になって楽しんでいる感じです。
このあとも、良い結果が出ると嬉しいですね。


mizutama | 2009/02/06 5:37 PM
*蛙さんへ
いろいろ思い浮かぶほど(笑)、長く読んでくれてありがとう。
またこれからも、つまらない日常や、グチや、思い込みや、自己主張を吐き出していくのだと思います。
体のことも、気遣ってくれてありがとうね。

mizutama | 2009/02/06 5:56 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rintosite.jugem.jp/trackback/14
この記事に対するトラックバック